New Blogs

【投稿/記事 リンク集】

ご覧になりたいタイトルをクリックで投稿・記事に移動します。

 

2016/2017 season

第54回 全日本スキー技術選 予選会
2017.02.02投稿

NEW MATERIAL~Taubert
2016.04.10投稿

NEW MATERIAL~SUPERfeet
2016.04.10投稿

 

2015/2016 season

PHOTO~全日本技術選
2016.03.27投稿

第53回 全日本スキー技術選手権
2016.03.27投稿

関温泉スキーカーニバル
2016.03.20投稿

NEW MATERIAL~SINANO
2015.11.30投稿

NEW MATERIAL~salomon
2015.11.30投稿

技術選に参戦します
2015.11.30投稿

 

2014/2015 season

FIS J-POWER スラローム競技会
2015.04.24投稿

FIS POINTS LIST 2014/2015
2015.04.22更新

FIS 2015 野沢温泉カップ
2015.04.08更新

FIS 2015 菅平高原
2015.03.26更新

GALLERY〜第93回 全日本選手権
2015.03.23投稿

第93回 全日本スキー選手権
2015.03.20更新

GALLERY 〜 Far East Cup
2015.03.12投稿

レースバーン ※管理人の雑記帳
2015.03.11投稿

FIS Far East Cup 2015
2015.03.09更新

管理人より ※管理人の雑記帳
2015.03.01更新

FIS RACE 志賀高原 2015
2015.02.19更新

2014-2015 レースカレンダー
2014.12.01更新

 

2013/2014 season

退院のご報告
2014.05.09投稿

2013/2014シーズン リザルト一覧
2014.04.28投稿

開催中止。布施峰 THANKS DAY 2014
2014.04.08投稿

開催決定!布施峰 THANKS DAY 2014
2014.04.03投稿

コラム〜FIS野沢温泉カップ 2012
2014.04.02投稿

GALLERY ファーイーストカップ日本シリーズ
2014.03.14投稿

Far East Cup 2014 Cup Standings FINAL
2014.03.11投稿

峰選手所縁 関温泉スキー場
2014.02.24投稿

ホームページ管理者より
2014.01.29投稿

布施峰ホームページがオープンしました
2014.01.29投稿

 

2017-02-02 | Posted in New BlogsComments Closed 

 

【関温泉 スキーカーニバル】

日本最古のスキーカーニバル「関温泉スキーカーニバル」が2016年3月20日に関温泉スキー場で開催され、今年度もたくさんの方が参加されました。

夕方まで雨が降る生憎の空模様で、カーニバル開始されても濃い霧が立ち込めておりましたが、その霧が松明滑走とゲレンデで打ち上げられる花火をより幻想的にしていました。

[関温泉スキー場オフィシャルサイトURL] http://www.sekionsen.com

関温泉スキーカーニバル2016

2016-03-20 | Posted in New BlogsComments Closed 

 

【レースバーン】

皆さんこんにちは!今日はアルペンスキーのレースが行われるバーンについて、スキーど素人の管理人がアルペンスキー観戦に興味を持ち始めた当時(3年程前)に驚いた事を書き綴りたいと思います。

ヨーロッパではスキーを国技とする国家もあり、アルペンスキーは熱狂的なファンが大勢いるメジャースポーツですが、日本では地上波でのテレビ中継もなく、馴染みがない方が多いと思います。事実、管理人自身も数年前の“きっかけ”があるまでアルペンスキーに全く興味がありませんでした。
今回の題材に挙げたレースが行われるコース上は「スケートリンクと同じ状態」なんて言われる事が多いのですが、競技スキーに馴染みの無い人にとっては「??」って感じることと思います。スキーと言えば「雪飛沫を舞上げながら」というイメージが強くありましたが…下の写真、ワールドカップのダウンヒル競技のコースです!コースの表面にライトが反射していてまさに「氷」、さながら斜めにしたスケートリンクですね(苦笑)氷の厚さが数十センチにもなるよう、時間を掛けてコースをつくるらしいですよ。

こんな状態の斜面を最高百数十キロで滑走する選手は危険と隣り合わせ、命懸けのスポーツなんですね。

image

2015-03-11 | Posted in New BlogsComments Closed 

 

【管理人より】

アルペンスキー並びに布施峰選手ファンの皆様こんにちは。いつも当サイトを御覧いただき誠にありがとうございます。

この度、「サイト管理者の雑記帳」というカテゴリーを新設させて頂きました。ここでは少し峰選手から離れ、スキーど素人の管理人が「これを知っていればレース観戦をより楽しめる!」というビギナー向けの知識や情報をはじめ、スキーとは全く関係ないことまで様々な記事を掲載していきたいと思います。

間もなく極東・アジア地域のチャンピオンを決めるファーイーストカップ(FIS FAR EAST CUP 2015)のジャパンシリーズが始まりますね。管理人も白馬でのレースを現地観戦する予定です♪

それでは今後とも当サイトを、そして布施峰選手へのご声援を宜しくお願い申し上げます。

2015-03-01 | Posted in New BlogsComments Closed 

 

【退院のご報告】

先月8日に出場した2014FIS野沢温泉カップのジャイアントスラローム第二戦で転倒負傷し、レース翌日の9日から神奈川県内の病院にて入院しておりましたが5月2日に退院しましたので報告申し上げます。

今後は抜釘手術を受ける予定ですが、現在は実家に戻り早期復帰を目指してリハビリ中です。

入院中は沢山のお見舞い、励ましのお言葉ありがとうございました。

2014-05-09 | Posted in New BlogsComments Closed 

 

【コラム〜FIS野沢温泉カップ 2012】

《コラム〜2012.4.2 野沢温泉カップGS第二戦》

峰選手が野沢温泉カップに出場するようになって今年で何シーズン目になるでしょうか。野沢温泉カップには忘れられないレースがあります。2011-2012年シーズン、2012年4月2日。大会二日目のジャイアントスラロームです。

通常アルペンスキーレースは滑走スタート順が早い選手ほど有利とされていますが、この日はパックされたバーンの表面に新雪が積もる状態でのスタートとなり、峰選手を含む第1シード(スタート順1~15番)の選手は軒並みタイムが伸びません。しかし、ビブナンバー(スタート順)が進むに連れてコース表面の新雪はこれまで滑った選手により掃かれ、好タイムが出始めます。

一本目は第1シードの選手の殆どが二本目滑走の30人リバース(一本目30位以内の選手は二本目滑走のスタート順がプロテクトされる。一本目30位の選手は二本目滑走は1番スタート、29位が2番スタート…1位の選手が30番スタート。31位~は一本目の順位通り)から漏れてしまう大荒れのレース展開。会場は騒然としていたようです。峰選手も例外ではなく、プロテクトから漏れる44位という結果になってしまいます。

峰選手の一本目の順位を速報で目にし、この記事を記している私は不謹慎ながら「今日は峰選手の上位入賞らはないな…」と思いました。現地で観戦していた峰選手に近しい後援会関係者も同様に感じたようで、一本目の順位が確定すると二本目の滑りを観ることなく会場を後にし、野沢温泉の名店「新屋」で昼食を済ませて帰宅してしまいます。

しかしこの日のレース結果、峰選手はなんと一本目44位から大逆転優勝を果たします。私は峰選手の優勝に喜びを感じながらも「こんな事があるのか!」とPCのモニターに映し出される速報を見ながら言葉を失ったのを覚えています。リザルト確定直後に峰選手からお話を聴く事ができ、この結果にご本人は「ちょっと笑えますね(笑)でも勝てるチャンスはあると思ってました」と。一本目終了後、応援する立場の私や現地に足を運んでいた峰選手関係者は勝手に諦めモードになっていましたが、峰選手ご自身はしっかりと状況を分析し、勝算と逆転への気持ちを持ってらっしゃいました。私は常に峰選手の勝利者を願う一人なのですが、それが故に「応援する姿勢」みたいなものを考えさせられた思い出深いレースです。

「一本目44位からの逆転優勝」という滅多にないこの日のレースは今でも野沢温泉カップの時期になると我々の語り種になっています。今年の野沢温泉カップはどんなレースになるのでしょうか。楽しみです。

2014-04-02 | Posted in New BlogsComments Closed 

 

【峰選手所縁 関温泉スキー場】

布施峰選手生誕の地である新潟県妙高市にある関温泉スキー場からの眺望と関温泉(2014.02.23)。

こちらは峰選手が幼少期に毎日のように朝から晩まで滑り、今のスキー技術の礎を築いたゲレンデです。レースの合間を縫って現在もシーズンに数回は足を運び、極上のパウダーランを楽しみます。また、毎年4月に布施峰後援会によって開催される「峰選手と滑ろう会」の会場にもなっています。

関温泉スキー場は世界有数の雪量・雪質で度々海外メディアで取り上げられており、外国人スキーヤー、スノーボーダーも上質のパウダースノーを求めて多く訪れます。所在の妙高市関山(旧、新潟県中頸城群関山村)は1946年 1月17日に24時間の降雪量が210cmを記録し、その記録は現在も山岳地域以外の降雪量の世界記録となっています。2014年3月22日には日本最古のスキーカーニバル「関温泉スキーカーニバル」が開催されます。詳しくは関温泉スキー場オフィシャルサイトをご覧下さい。

[関温泉スキー場オフィシャルサイトURL] http://www.sekionsen.com

image

image

2014-02-24 | Posted in New BlogsComments Closed